整体師を目指すなら専門学校【資格取得に最適】

Education

いろんな学び方

学びの場は豊富にある

全国的な傾向として看護師の求人は、求職者よりも求人数が多く、好調な状態が続いています。そのため、看護学校への進学については、進学の生徒以外にも、一度社会人を経験した人が改めて入学するケースも多くみられます。 学校の主なものとして、高校卒業後に4年間かけて学ぶ、大学の看護学科があります。また、高校卒業後に3年間かけて学習する、看護専門学校や短期大学もあります。さらに、3年間のコースで定時制を設けている専門学校もあります。 その他に、准看護師の資格を持っている人が看護師の資格取得を目指す、専門学校もあります。准看護師の制度については、廃止や継続について議論が続けられており、今後の動向が注目されています。

自分に合った看護学校を選ぶ

4年制大学の看護学科では、保健師や助産師の資格を取得することが可能なものがあります。専門的ケアの知識や技術について学ぶとともに、幅広い教養を身に付けることも重視されています。 また、3年間の学校では、社会人にも門戸が開かれている学校が多くみられます。専門知識と実践力を身に付けることを重視し、学校の数も豊富です。 準看の資格を持つ人が、看護師の資格取得を目指す学校では、働きながら学ぶことができるよう、配慮されています。定時制の課程を設けたり、通信で学ぶことができるものもあります。通信講座は10年間以上、準看として勤務した経験のある人を対象として、2年間で学ぶカリキュラムが組まれているものが多いようです。